トップページ音楽感想
Lia



1st Album prismatic 2004年 ★★★★★
2nd Album dearly 2006年 ★★★★★








prismatic 1st Album

01.輝 〜HIKARI〜
02.FAIRY LAND
03.one summer day
04.あなたがいるだけで
05.message
06.鳥の詩 2004summer version 〜Relaxin' with lovers mix〜
07.Starting Over
08.tell me
09.getting started
10.with you
11.You are
12.gift 〜Live version〜


 AIRやCLANNADなどの主題歌で知られる女性シンガーの1stアルバム。
 曲自体はアニメ・ゲーム主題歌的な物がほぼなく、ヒットチャート上位でも聴けるような、R&BのJ-POP解釈みたいな曲とか、横ノリのミディアム〜スロー系の曲が大半を占める。
 彼女の代表曲であろう#6はレゲエ調にリアレンジ。こういうのはアニヲタ層は嫌いそうだ(笑)
 そんな感じで無難な曲が並ぶんですが、この歌声を聴けばそういう構造でも納得せざるを得ない。歌唱力も声質も魅力的で素晴らしい、希少なタイプのシンガー。伸びやかでヒーリング効果を多分に含んだクリスタル・ヴォイスは聴いた者のHPを大回復する効果(爆)
 そりゃこれだけ歌えれば曲はシンプルな方がいいわな。逆に余計な小細工をして歌を殺すことの方が問題になります。ライヴ音源の#12なんか感動物ですよ。シンプルなのに歌が胸に響く響く。アニソン・ゲーソンの枠だけに留めるには勿体無さすぎる逸材だろこれは。
 トランス調の#11は例外的に凝った作りで、彼女の歌も問題なく適応。トランスが苦手な自分もこれは楽しめました。  ちなみに本人の作詞能力は至って普通。でもこれまでにも書いたようにこの歌唱力なので、十分説得力を持たせることが出来ています。やっぱり麻枝准とかに提供してもらった方がいいとは思うけど。
 アニソン・ゲーソンっぽさはほぼないに等しいので、一般リスナーでも抵抗なく受け入れられるんではないでしょうか。暴走したFFのクリスタルが引き起こしたみたいに氾濫するその辺の自称歌姫とかよりは、よほど紅白やレコ大といった表舞台へ立つに相応しい実力の持ち主だと思うんですが(2011.2.25)







dearly 2nd Album

01.Life
02.sky-high
03.Last regrets feat.彩菜 〜duo version〜
04.Karma
05.Beautiful Dreamer
06.〜Interlude〜
07.appear
08.君の翔ぶ空
09.THE FORCE OF LOVE
10.〜Interlude〜
11.River of Time
12.虹イロ三日月
13.時間の風
14.射光の丘
15.dearly


 横ノリ系の曲が若干減り、よりアニメ・ゲーム好きのリスナー受けを意識したような作風。
 こういう系統の方が合ってると自分も思いますね。やっぱり声質と歌唱力のアドバンテージは大きいですね。今作もわりかしベタな曲が多いですが、聴き手から言葉を奪い取るような圧倒性がビシビシと伝わってくるし、#7のようにアニソン王道の曲でも上品に聴かせてしまう説得力がある。
 彼女の歌唱力が存分に発揮される#4は圧倒的な名曲。クライマックスの感情の込め方に言葉が出ません。続くアンプラグド中心のバラード#5・#9、高音の柔らかい響きが特徴の#14も美しすぎる。もうリスナーの感動耐久値はゼロよ! ウィスパーボイスを駆使するハウス系の#11も快感。
 なお今作はバラード指向が更に強いので、苦手な人には少し辛いかも。ただ、きちんとそれぞれに個性を持たせているので自分は飽きずに聴けました。ジャンルでもリスナーでも、何者をも幅広く受け入れてくれる母性に溢れた名盤(2011.2.26)







inserted by FC2 system