トップページ音楽感想
YAMAAN



1st Album 12 Seasonal Music 2011年 ★★★★★








12 Seasonal Music 1st Album

01.Dawn
02.Tabisuru Omoide feat. ナノルナモナイ
03.Sprout
04.Blossom chorus by CHIYORI
05.Grassland
06.Rain
07.Lightning
08.Sea
09.Higurashi
10.Fallen Leaves
11.Recollection
12.Light Snow


 日本の12ヶ月を、それぞれ1曲ずつで表現したアルバムだそうです。曲名もそれぞれの月に因んだタイトルが付けられているので、分かりやすいですね。季節が巡るように、ちゃんと最後の曲が1曲目とリンクするような音になっているのも良い。リピートしたくなる。
 内容ですが、クロスオーバー型の音楽。自分の脳ではこれッ!と分類できましぇん(爆)アンビエントやテクノ系、またレゲエやヒップホップなども取り入れ、あまり人間的な感情を差し挟まない、風景を描くタイプの音楽ですね。派手で煌びやかな音を使わず、わびさびを心得た幽玄とした音使いが、どの曲にも和を感じさせます。ちなみに#2以外全てインスト(#4ではコーラスやサンプリングもありますが)
 トラックは打ち込みで作っているそうですが、Photoshopの機能をフルに用いて圧巻の絵を描くように、最大限にそれを活かしている印象。打ち込みの一つの理想形と言ってもいいかも。リズムトラックへの意識が非常に高いのも良いですね。サンプリングの使い方を一つ取っても素晴らしい。#8の潮騒とも花火が散る音ともつかないやつや、カモメの鳴き声とも花火の上がる音ともつかないサンプリングには素直に唸らされました。
 優れた感性とそれを具現化する技術・センスを以って生まれた絵画音楽。日本的な感性で描き上げられた音楽ですが、外国受けもしそう。こういう音楽が好きなら絶対お勧めします。「ヒップホップとかが含まれてるとちょっと……」と二の足を踏んでしまうアナタも聴いてみて下さい。別に「Yo!Yo!」って感じでもないし(2012.2.18)







inserted by FC2 system